心理の勉強をした後に|整体のスクールで現代人の体と心を癒す職人になろう

整体のスクールで現代人の体と心を癒す職人になろう

心理の勉強をした後に

男性女性

現在はどこの企業でもメンタルヘルスの重要性を認識して社員を研修に参加させたり心理学を学んだ人を採用したりしています。このため心理学の資格を取得することが注目されています。心理学の資格を取得するには大学や専門学校で勉強する必要があります。これは受験条件として学校での心理学の科目の修了を上げている資格が多いからです。心理学の資格には色々ありますが、有名なのは臨床心理士で一般的にはカウンセラーと呼ばれています。心の病を抱えた人の相談にのってサポートする職業で大変やりがいがある反面難易度は高めです。受験条件のない比較的難易度の低い資格に心理学検定があります。心理学会が主導している信頼性の高い検定で腕試しに受けるのに最適です。

心理学の大学に通学せずに資格を取得する方法として、先程紹介した心理学検定の取得が難関資格取得に向けての近道です。検定試験に合格してもカウンセラーになれるわけではありませんが、取得のメリットとして大学の単位読み替えや大学院の受験免除になるメリットがあります。また検定試験に合格がカウンセラーへの登竜門でもあるので、いきなり大学を目指すより、まずは検定試験を受けて自分にカウンセラーの資質があるかどうか確かめることができます。また心理学の科目を修了して大学を卒業した人がもらえる資格に認定心理士があります。認定心理士とは大学で心理の勉強をした証明書のようなもので、学会に申請すれば貰えます。履歴書に記載できる資格として役に立ちます。