注目されている仕事|整体のスクールで現代人の体と心を癒す職人になろう

整体のスクールで現代人の体と心を癒す職人になろう

注目されている仕事

メンズとレディ

理学療法士として働くには、「理学療法士国家試験」に合格する必要があります。ちなみにこの試験の合格率はほぼ毎年80%以上となっています。このように高い合格率なのは、試験が簡単ではなく、しっかりと合格レベルまで勉強して試験に臨む人が多い為、このように高い合格率となっているのです。理学療法士国家試験は数々の専門的な内容が問われるので、時間をかけて計画的に勉強する必要があります。またこの試験を受けるためには文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した理学療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識尾穂日技能を修得したものとなっています。つまり合格率が高いからといって独学をしても試験を受ける事が出来ないのです。

独学や通信教育では理学療法士になることが出来ません。ただ理学療法士として働く人は、新卒で試験に合格して働く人も多くいますが、一度就職した後に学校に通う人、働きながら夜間の学校に通う人も数多くいます。ちなみに合格率80%の中にはこのような人たちも当然入っています。特に夜間に通っている人は仕事と両立をして勉強をしているにも関わらず、意欲が高くしっかりと勉強をして国家資格を取得していると言われています。夜間学校に通う注意点としては実習期間があげられます。施設実習や臨床実習は通常昼間に行われます、仕事をしている人なら前もってこの期間の時間確保は気をつけておくべきです。このように気をつける点は多いですが、一度一般職についた後でも理学療法士の国家試験を受けることは出来ます。